ホーム > 過去の実績紹介 > 東長町の家(住宅設計)

東長町の家(住宅設計)

東長町の家

■所在地 和歌山市東長町
■主要用途 住宅
■構造 混構造(鉄筋コンクリート造+鉄骨造)
■規模 地下1・地上3階建
■敷地面積 94u
■延べ面積 141u
■竣工年 2014年
■メディア 「わかやまの建築家 家づくり本2015」
■コンセプト

和歌山市の中心部に位置し、和歌山城も望める場所が本計画の敷地です。 敷地は28坪で7mの道路に接道し、敷地奥で約1.5mの高低差があります。 フロアごとに各諸室を配置し積層させ、3箇所の吹抜により空間を繋げています。 吹抜は建築内部に視覚と体験という異なる二つの距離関係を造りあげ、実際の空間よりも広い空間を知覚できるしかけを設けています。またそれらは違うフロアに居ながらも家族の気配や声を感じられるような関係性も生みだしています。 室内からの眺望と前面道路や隣地からの視線を調整しながら、プライベートとパブリックの境界を曖昧にし、光や音や風や街の気配をうまく取入れ、一日家の中にいても時間や季節の変化を強く感じることができると考えています。

■竣工までの
記録

こちらから


  • 無料相談受付中
  • 和歌山の一級建築士事務所・環境建築計画のブログ
  • 社団法人日本建築家協会
  • 社団法人和歌山県建築士会
  • 日本建築協会
  • LINK

トップへ戻る