ホーム > 過去の実績紹介 > 青少年国際交流センター(社会教育施設基本設計)

青少年国際交流センター(社会教育施設基本設計)

青少年国際交流センター

■所在地 和歌山市加太
■主要用途 社会教育施設
■構造 木造、鉄筋コンクリート造
■規模 地上2階建
■敷地面積 11,928u
■延べ面積 2,886u
■竣工年 2018年
■コンセプト

旧施設(少年自然の家)は、老朽化による耐震性、衛生面、利便性等の様々な問題を抱えており、今後市民に対するサービスの低下、安全面に対する配慮が損なわれる可能性がある為、建替えることとなった。
建替え後は、国際交流自然体験施設となり、管理棟と宿泊棟を明確に分離した配置計画で、管理部門を中心に両翼に活動エリア・宿泊エリアをクラスター状に配置している。
丘がそのまま隆起したような、地形を活かした自然環境と一体化したデザインを屋根・壁面の曲線形状で表現した。
各室は採光・通風・海等の大自然を内部に居ながら受止められるよう、海側に向けて配列している。

■竣工までの
記録

こちらから



トップへ戻る